メニューをスキップします

ホーム > 健康・福祉・子育て > 新着情報 > インフルエンザ患者報告数が過去最高

インフルエンザ患者報告数が過去最高

埼玉県感染症発生動向調査による、1医療機関(定点)当たりの報告数が84.09人となり、平成11年の調査開始以来、過去最高値となっています。インフルエンザの流行は、例年2月まで続く傾向があるため、引き続き注意をお願いします。
埼玉県報道発表資料PDFファイル(307KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。主な感染経路は、咳やくしゃみの際に口から発生する小さな水滴(飛まつ)による飛まつ感染です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等、全身症状が突然表れます。併せて、風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。インフルエンザが疑われる場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザに罹らないように、また、拡大させないように注意しましょう。

予防方法

• 外出後の手洗い、うがい.ウイルスの除去に有効な方法です。
• 適度な湿度を保ちましょう.インフルエンザウイルスは50~60%の湿度に弱いといわれています。部屋を乾燥させないように加湿器などを使い適切な湿度を保ちましょう。
• 十分な休養と栄養補給.体の抵抗力を保つために大切です。
• 人ごみへの外出を控える.やむを得ず外出するときはマスクをしましょう。
• マスクの励行.咳エチケットを心がけましょう。

埼玉県感染症情報センターホームページ「インフルエンザ流行情報」゙このリンクは別ウィンドウで開きます

埼玉県保健医療政策課ホームページ「インフルエンザ」このリンクは別ウィンドウで開きます

厚生労働省ホームページ「インフルエンザQ&A」このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ

健康増進課・健康支援担当
電話:049-258-0019(内線:270~273) / FAX:049-274-1051
メールアドレス:hoken@town.saitama-miyoshi.lg.jp