メニューをスキップします

三芳町

現在位置ホーム > 防災・防犯・消防 > 防災・防犯­ > 新型コロナウイルス感染症流行下における避難行動

新型コロナウイルス感染症流行下における避難行動

新型コロナウイルス感染症がまん延する状況において災害が発生し、避難所を開設する場合には、感染症対策に万全を期すことが重要です。

三芳町においても避難所を開設する場合には、新型コロナウイルス等の感染拡大を防止するため、十分な換気やスペースの確保、消毒等の対策を行い、可能な限り感染リスクが軽減されるよう努めてまいります。

しかしながら、災害時には断水により手指の流水洗浄ができない可能性もあることや、避難場所等の密集した環境下での集団生活等により、どうしても通常時に比べて新型コロナウイルス感染症等の感染が拡大するリスクが高まってしまいます。

町民の皆様には、避難所における感染拡大防止のために、以下のとおり御協力をお願いします。

在宅避難のお願い

自宅での安全確保が可能な方は、必ずしも避難所に行く必要はありません。住み慣れた自宅での生活を続ける「在宅避難」をお願いします。

避難所は、自宅が大きな被害を受け、自宅での生活が困難な人々のために開設されます。避難所は共同生活のため、プライバシーを守ることも難しく、居住スペースや物資にも限りがあり、ストレス等で体調を崩してしまうこともあります。その上、新型コロナウイルス感染症等の感染症がまん延している状況では、感染のリスクが高まることも考えられます。

可能な場合には親族、友人・知人宅等の避難所以外の場所へ避難することも検討しておきましょう。

在宅避難時は、健康管理に留意し、食料・水・生活必需品や常備薬についても1週間程度の備蓄を実施しておきましょう。

埼玉県「防災マニュアルブック」【家庭での備えに活用】

※建物が被害を受け自宅にいることが危険な場合等は、ためらわずに緊急避難場所・避難所等の安全な場所へ避難してください。

避難所への避難について

地震による家屋の被害等により、避難所へ避難される方は、避難所における感染症対策に御協力をお願いします。

避難する場合に持参をお願いしたい物

町の備蓄品には限りがありますので、次のものを可能な限りご自身で用意していただきますようお願いします。

  • マスク
  • 体温計
  • アルコール手指消毒液
  • 上履き(スリッパ等)
  • ごみ袋(ビニール袋)
  • ハンドタオル
  • その他ご自身で感染対策として必要とするもの

避難者の健康状態の確認

発熱や咳等の症状等がある方は、症状等のない方とは別のスペースに滞在していただくことを想定しています。発熱や咳等の症状等がある場合は必ず申し出ていただき、滞在スペースへの誘導等、運営にご協力をいただいている方や避難所担当職員の指示にしたがってください。

※新型コロナウイルスへの感染が確認されている方の濃厚接触者等、症状がない場合でも感染の疑いがある場合は、必ず避難所担当職員に申し出て指示にしたがってください。

手洗い、咳エチケット等の徹底

避難所において断水等の影響がない時は、こまめに手洗いをするとともに、咳エチケット等の感染症対策を徹底しましょう。
また、感染症拡大防止のため、避難所内ではできる限りマスクの着用をお願いします。

避難所運営への協力

ドアノブ等の多数の方が触れる場所の定期的な消毒が必要となる等、避難所の運営に一層多くの人手が必要となります。健康な方は、可能な限り避難所運営に御協力いただきますようお願いします。

お問い合わせ

自治安心課/防災・交通安全担当
電話:049-258-0019(内線:265〜267) / FAX:049-274-1009
メールアドレス:chiiki@town.saitama-miyoshi.lg.jp