メニューをスキップします

ホーム > 観光・産業・ビジネス > 町有施設におけるブロック塀等の緊急調査結果

町有施設におけるブロック塀等の緊急調査結果

 大阪府北部を震源とする地震により、小学校のブロック塀が倒壊し、児童が亡くなった事態を受け、町有施設におけるブロック塀等について、緊急調査を実施しましたので、結果をお知らせします。

概要

(1)調査対象

町有施設 84施設
緊急目視調査(町境界側又は境界上に設置してあるもので、町所有のもの)

(2)調査内容

・現行の建築基準法への適合性
【高さ】:2.2mを超える塀(低い側の地盤面から測定)
【控壁】:高さが1.2mを超える場合で3.4m以下ごとに控壁(塀の高さの5分の1以上)を設置していない塀
・劣化状況調査
【劣化・損傷】:著しいひび割れ、破損又は傾斜が生じている塀
※上記、建築基準法の適合有無を問わない。

調査結果

(1)建築基準法に適合しない疑いのあるブロック塀等を有する施設【4施設】

・本庁舎
・三芳小学校
・富士塚第3子ども広場
・新開第2子ども広場

(2)劣化や損傷が生じているブロック塀を有する施設【3施設】

・三芳小学校
・富士塚第3子ども広場
・新開第2子ども広場

調査後の対応

・早急に危険回避のための改修工事の実施
・危険なブロック塀等への注意喚起等

改修工事完了

・上記4施設につきまして、ブロック塀の改修工事がすべて完了致しました。

お問い合わせ

財務課/管財契約担当
電話:049-258-0019(内線:416・417) / FAX:049-274-1055
メールアドレス:zaimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp