メニューをスキップします

ホーム > 新着情報一覧 > 三芳町の新指定文化財

三芳町の新指定文化財

歴史民俗資料館に屋外展示されている6点の「力石(ちからいし)」が、平成30年12月28日付けで三芳町の新しい指定文化財(有形民俗文化財)になりました。町民の皆さんの宝・誇りとして将来にわたり保存・継承されるよう、町として適切な管理・公開を行っていきます。

指定名称 竹間沢の力石(有形民俗文化財)
点数 6点
所在地 歴史民俗資料館屋外エントランス
公開日時 歴史民俗資料館開館日の午前9時から午後4時30分まで
資料の概要 力石は、余興として力競べに用いられた石で、表面に石の重量(貫目)などが刻まれています。歴史民俗資料館に屋外展示されている6点の力石は、元々竹間沢の個人宅や竹間神社にあったもので、平成29年度に寄贈されました。三芳町内に残る数少ない文化財として貴重な資料であることから、今回一括して指定文化財となりました。

竹間沢の力石

 

※力石表面の文字は、写真に上書きしたものです。

お問い合わせ

文化財保護課
電話:049-258-6655 / FAX:049-258-8466
メールアドレス:rekimin@town.saitama-miyoshi.lg.jp

くらしのカレンダー

よくある質問

 

観光情報ページ

子育て支援のページ

 

SNS公式アカウント