メニューをスキップします

三芳町

現在位置ホーム > 町政情報 > 町の施策・計画 > 三芳町公共施設マネジメント

三芳町公共施設マネジメント

町では、経済成長とともに、昭和40年代後半から個別分野の需要に応じて、多様な施設が配置されてきました。同時期に急速に建設されてきた公共施設やインフラ施設は、老朽化も同時に進んでいるため、その更新時期を分散させる等、実行性の高い施設更新サイクルを実現することが大きな課題となっています。また、今後は人口減少社会への流れとともに利用者の減少も見込まれており、限られた財源の中で適切な公共サービスを確保していくために、施設の規模や運営手法を見直す必要があります。

こうした状況の中、町では平成25年度に公表した公共施設マネジメント基本方針、平成26年度に公表した公共施設マネジメント基本計画を統合した後、平成26年に総務省から策定要請のあった「公共施設等総合管理計画」に相当する計画として、更新施設と維持管理方針についての町の考え方や施設ごとの更新における方針や実現手法を示す「三芳町公共施設マネジメント基本計画改訂版(公共施設等総合管理計画)(以下、「前計画」)」を策定いたしました。

このたび、前計画策定から5年以上が経過していることから見直しを行うとともに、中長期的な公共施設(建築物)の配置方針・修繕計画である「三芳町個別施設計画(建築物)」を統合し、令和3年3月に「三芳町公共施設マネジメント基本計画」を改訂いたしました。今後、これらを活用し、効率的な公共施設マネジメントを推進して参ります。

以下のリンクよりダウンロードし、ご覧ください。

三芳町公共施設マネジメント 第1期アクションプラン 2019年1月策定

本町では、平成26 年4 月に総務省から示された「公共施設等総合管理計画の策定にあたっての指針」に基づき、公共施設等の一般的なマネジメントの方針をまとめた「三芳町公共施設マネジメント基本計画」(以下「基本計画」という。)(計画期間40 年間)を策定しました。
アクションプランは、基本計画に基づき、公共施設等全体の修繕・更新等の発生時期を予測した上で、分野横断的な視点も踏まえながら10 カ年で対応すべき施設及び項目を抽出し、財政収支を意識した事業化を図るための実施計画として策定するものです。
なお、第1期アクションプランについては、平成28 年度からスタートした「三芳町第5次総合計画」と整合を図り、推進していきます。

以下のリンクよりダウンロードし、ご覧ください。

 

公共施設のあり方に関するアンケート 集計結果 

平成25年11月に実施したアンケートの結果を掲載しています。
今後も、分析結果等を更新していきます。

公共施設のあり方に関するアンケートについて
 

平成25年12月8日(日)、意見交換会を開催

ワールドカフェの様子

詳しくは、

公共施設の未来について考える意見交換会を開催

のページをご覧ください。

 

お問い合わせ先

施設マネジメント課・管財契約担当
電話:049-258-0019(内線:452~454) / FAX:049-274-1055
メールアドレス:kanzai@town.saitama-miyoshi.lg.jp