メニューをスキップします

三芳町

現在位置ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > 酒井藍莉選手【デフフットサル・デフサッカー】

酒井藍莉選手【デフフットサル・デフサッカー】

酒井選手写真 デフフットサル・デフサッカーの酒井藍莉選手を応援しよう‼
日本ろう者サッカー協会(外部リンク) このリンクは別ウィンドウで開きます
【デフの意味】
デフ(deaf)は英語で、日本語訳すると「聴覚に障がいがある人」という意味です。

 

デフフットサル・デフサッカー

酒井選手写真 基本的なルールは、健常者のものと変わりません。
競技中は補聴器を外すことが義務付けられていることから「音のないサッカー」の愛称で呼ばれています。審判は笛と一緒に旗で合図します。笛は監督、スタッフ、観客の健常者が分かり易くする為でプレーヤーは聞こえません。

 

プロフィール

0歳から中学までろう学校に通う。
サッカーとの出会いは、妹がサッカーをしていたのをきっかけに小学2年生の時から始める。小学4年生の時には男子と女子のチームを掛け持ちで活動し、女子チームでは全国大会2位という結果を残した。そのことが新聞に掲載され、デフサッカー選手のある人から誘われた、日本代表の合宿に参加したことがデフサッカーを知るきっかけとなった。
2019年2月にデフフットサルアジア大会で優勝し、得点王に輝く。同年11月にスイスで行われたデフフットサルワールドカップでは、準々決勝で優勝したブラジルと1対2で惜敗するが、日本代表内では最多得点をあげた。日本は5・6位決定戦で勝利し、5位で本大会を終える。
共生社会の実現に向けて、酒井選手は「もっと手話が普及してほしい。耳が聞こえないのは見た目で判断できない。手話を使えば、障がいがあると気付いてもらえるし、理解が深まる。」と期待を寄せ、最後に「オリンピック、パラリンピックの他にデフリンピック(聴覚障がい者のオリンピック)もある。パラリンピックはろう者は出場できないので・・・デフリンピックをもっと知ってもらいたい‼」と締めくくった。

氏名(ふりがな) 酒井 藍莉(さかい あいり)
生年月日 平成10年8月6日
出身地 静岡県
在住地 三芳町(令和4年まで)
所属チーム
  • 清水第八プレアデス
  • golrira shizuoka
その他
(令和4年6月27日更新)

お問い合わせ先

文化・スポーツ推進課/文化・スポーツ担当
電話:049-258-0019(内線:432〜434) / FAX:049-274-1055
メールアドレス:sports@town.saitama-miyoshi.lg.jp

※回答をご希望される場合は氏名、住所、電話番号を必ずご記載ください。