メニューをスキップします

三芳町

現在位置ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > 拔井愛海選手【ラクロス】

拔井愛海選手【ラクロス】

ラクロス女子日本代表の拔井愛海選手を応援しよう!

一般社団法人日本ラクロス協会(外部サイト)このリンクは別ウィンドウで開きます

220617_拔井選手表敬訪問

2022年6月17日(金)に拔井選手が表敬訪問しました。

三芳町出身の拔井愛海選手が、ラクロス女子日本代表として2022ワールドラクロス女子世界選手権に出場しました。
大会では拔井選手は初戦のホーデノソーニー戦から個人賞(プレイヤーオブザマッチ)に選ばれる大活躍!予選リーグをを全勝した日本は決勝トーナメントへ進出しました。アメリカに敗れましたが、その後は2連勝。結果は歴代最高順位タイの5位となり、次回大会での決勝トーナメント進出権を獲得しました。
引き続き拔井選手を応援しましょう!

2022ワールドラクロス女子世界選手権結果
大会名 2022ワールドラクロス女子世界選手権
開催地 アメリカ合衆国メリーランド州タウソン大学
大会期間 2022年6月29日(水)から7月9日(土)
試合日程

予選リーグ
ホーデノソーニー戦

7月1日(金)

13対8で勝利
(拔井選手1アシスト、プレイヤーオブザマッチに選出)

予選リーグ
アルゼンチン戦

7月2日(土)
 

25対3で勝利

予選リーグ
中国戦

7月2日(土)

19対1で勝利

予選リーグ
スイス戦

7月5日(火)

21対1で勝利

決勝トーナメント
ニュージーランド戦

7月6日(水)

12対3で勝利
(拔井選手1得点)

決勝トーナメント
アメリカ戦

7月7日(木)

3対18で敗退

順位決定戦
ホーデノソーニー戦

7月9日(土)

12対6で勝利

5位決定戦
イスラエル戦

7月9日(土)

13対4で勝利
※日程はいずれも日本時間です。
大会結果 全30チーム中第5位

ラクロス

ラクロスは、クロスと呼ばれるスティックでボールをパス・キャッチしながら運び、ゴールを狙うフィールド競技です。拔井選手は、日本代表でその守備を担います。

プロフィール

拔井選手の写真(2017年6月)

氏名(ふりがな)

拔井 愛海(ぬくい なるみ)

経歴 1996年生まれ。竹間沢小学校、三芳東中学校を卒業。山村学園高等学校でラクロスと出会い、東海大学に進学し、ラクロスに励む。2015年のU19、2017年の世界大会でも日本代表として活躍。
所属 FUSION
ポジション DF(ディフェンス)
その他
(2022年7月11日更新)

お問い合わせ先

文化・スポーツ推進課/文化・スポーツ担当
電話:049-258-0019(内線:432〜434) / FAX:049-274-1055
メールアドレス:sports@town.saitama-miyoshi.lg.jp

※回答をご希望される場合は氏名、住所、電話番号を必ずご記載ください。