メニューをスキップします

ホーム > 新着情報一覧 > PJ FAIR 2018(ペタリングジャヤ市)に参加

PJ FAIR 2018(ペタリングジャヤ市)に参加

フォークロアフェスティバル2017 三芳町は、11月4日(日)から11月10日(土)に姉妹都市のペタリングジャヤ市(マレーシア)で行われる「PJ FAIR 2018」(ペタリングジャヤ国際フェア2018)に参加します。
PJ FAIR 2018は、同市が友好関係を結ぶ各国の都市を招き、芸術や民俗芸能、食文化、民族衣装や工芸品など多様な世界の文化にふれたり、ランニング、釣り、サイクリングなどのスポーツイベントでの交流を深めたりして、世界とのコミュニティを深めることを目的とした国際フェスティバルです。
参加する都市は、三芳町(日本)、バンドン市(インドネシア)、アサン市(韓国)の他、タイ、フィリピン、イラン、フィンランド、ボツワナ共和国の各国です。
また、最終日に行われる「フォークロアフェスティバル」では、公募により選出された「アンサンブル凜」の皆さんが出演し、日本の歌を含む各曲を弦楽演奏します。
(写真は昨年のフォークロアフェスティバルの様子です)

 

なお、PJ FAIR 2018の様子はライブ配信を行う予定です。
以下のYoutubeチャンネルより配信しますので、ぜひご覧ください。

三芳町の芸術文化Youtubeチャンネルこのリンクは別ウィンドウで開きます

[配信予定日]※日本時間
11月7日(水)午後:大学でのミニコンサート
11月8日(木)午後:ショッピングモールでのミニコンサート
11月10日(土)21時00分〜:芸術文化祭
その他、不定期にて配信します。
※通信状況等により予定通り配信されない場合があります。

出演団体

フォークロアフェスティバル2017 アンサンブル凜(りん)は、三芳町を中心に活動している弦楽アンサンブルです。
文京女子大学管弦楽団の卒業生有志により2007年10月に設立しました。ドイツ古典派、ロマン派の作品を中心に、弦楽のための作品を主なレパートリーとしています。指揮者の増田光一氏には文京女子大学管弦楽団設立時より指導を受け、内声部に重心を置いた重量感溢れる演奏は「情熱に満ち感動的」と常に高い評価を得ています。アマチュア団体でありながら多くのファンを抱え、年一回の定期演奏会は毎回立見席が出る盛況ぶりを呈しています。定期演奏会以外では、東京、埼玉の公共機関における依頼演奏など、幅広い活動を行っています。
2015年2月、5年間にわたり取り組んできたベートーヴェン「大フーガ」で熱海・東京連続公演を行い、両日超満員となる絶大な支持を得ました。また、2011、2013、2014、2015、2016年に熱海、つくば、那須で開催された東日本大震災復興支援チャリティ公演は常に大好評を博し、その模様は各紙、ラジオ、テレビ等で大きく取り上げられました。
2017年7月、コピスみよしにて節目となる第20回定期演奏会を開催。翌年5月には中央公民館でレクチャーコンサートを開催するなど、三芳町での活動をさかんにしています。
今回は、古典~ロマン派のクラシック音楽を中心に、日本の伝統的な歌曲や、マレーシアでもっとも有名な日本の音楽とされる「未来へ」(Kiroro)を披露します。

 

お問い合わせ先

社会教育課/社会教育担当
電話:049-257-4266 / FAX:049-258-9625
メールアドレス:shakai@town.saitama-miyoshi.lg.jp