メニューをスキップします

ホーム > くらし・手続き > 環境・ごみ・リサイクル > 古い蛍光灯や街路灯の調査のご協力

古い蛍光灯や街路灯の調査のご協力

PCB(ポリ塩化ビフェニル)は体内に入ると健康被害を出す恐れがあるため、法律で期限内の処分が義務付けられています。そのため、埼玉県では今年度、PCB含有の疑いがある古い蛍光灯などの安定器について、訪問による調査を実施します。

調査概要

調査委託先:公益社団法人入間東部シルバー人材センター
調査期間:平成30年10月~平成30年12月
調査対象:昭和52年3月以前に建築された以下の用途の建物

  • 工場や事務所等の事業用建物
  • 共同住宅の共用部分(通路、ホール、エレベーター等)
  • 住宅兼店舗や住居兼事務所(事業用部分)
  • 街路灯(水銀灯)

※一般家庭の蛍光灯や共同住宅の居住スペースには、PCB含有の蛍光灯安定器はありません。
調査対象の建物について、調査員が来訪する場合がありますので、調査へのご協力をお願いします。
※訪問調査員は、県が調査員として指定したことを証明する身分証明書を携帯しています。
また、調査員が物品の販売や勧誘等を行うことはありません。

お問い合わせ

埼玉県環境部
産業廃棄物指導課
TEL:048-830-3148

お問い合わせ

環境課/環境対策担当
電話:049-258-0019(内線:216~217) / FAX:049-274-1013
メールアドレス:kankyo@town.saitama-miyoshi.lg.jp