メニューをスキップします

ホーム > 健康・福祉・子育て > 診療・医療機関・制度のご案内 > おとなの予防接種

おとなの予防接種

  • 高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種
  • 高齢者インフルエンザワクチン予防接種

 


高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種

高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種は、予防接種法に基づかない任意の予防接種として、費用助成を行ってきましたが、平成26年10月1日から予防接種法に基づく定期接種となりました。高齢者が肺炎にかかった時、原因菌の多くは肺炎球菌です。予防接種を受けることで感染症の重症化を防ぐ効果があります。接種を希望する方は、 かかりつけ医とよくご相談のうえ、体調がよい時に接種してください。

・高齢者肺炎球菌Q&A(厚生労働省ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます

対象者

過去に任意接種を含め、高齢者肺炎球菌ワクチン(23価)を接種したことがなく、下記(1)または(2)に該当する方

(1)下表の生年月日に該当する方<平成29年度対象者(注1)>

65歳 昭和27年4月2日~昭和28年4月1日
70歳 昭和22年4月2日~昭和23年4月1日
75歳 昭和17年4月2日~昭和18年4月1日
80歳 昭和12年4月2日~昭和13年4月1日
85歳 昭和7年4月2日~昭和8年4月1日
90歳 昭和2年4月2日~昭和3年4月1日
95歳 大正11年4月2日~大正12年4月1日
100歳 大正6年4月2日~大正7年4月1日

(2)予防接種日に60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がいがあり日常生活が極度に制限される方(身体障害者手帳1級程度)

(注)年度ごとに対象年齢が異なるため、(1)に該当する平成29年度の対象の方は、平成30年3月31日を過ぎた場合は全額自己負担となります。

接種方法 二市一町実施医療機関での個別接種方式PDFファイル(137KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
接種回数  1回
接種費用

3000円

生活保護の方は医療機関窓口で生活保護受給者証を提示することで免除されます。

実施期間 平成29年4月1日から平成30年3月31日
申込方法

直接委託医療機関へ町が助成する高齢者肺炎球菌ワクチンを接種希望の旨をお伝えください。

その他 三芳町、富士見市、ふじみ野市以外のかかりつけ医で受ける場合は別に申請が必要となる場合があります。保健センターへお問い合わせください。

高齢者インフルエンザワクチン予防接種

インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度おさえる効果や、重症化を予防する効果があり、特に高齢者や基礎疾患のある方など、重症化する可能性が高い方には効果が高いと考えられています。かかりつけ医とよくご相談の上、体調がよいときに接種してください。また、接種される前には必ず高齢者インフルエンザ予防接種説明書PDFファイル(339KB)このリンクは別ウィンドウで開きますをお読みください。

65歳以上の方

対象者

次の2点を満たす方

  1. 三芳町に住民票のある方
  2. 接種されるご本人が接種を希望されている方
接種方法 二市一町実施医療機関PDFファイル(130KB)このリンクは別ウィンドウで開きますでの個別接種
個人負担額 1,000円(医療機関窓口でお支払いください)
生活保護の方は医療機関窓口で生活保護受給者証を提示することで免除されます。
実施期間 平成29年10月20日から平成30年1月31日
申込方法 直接二市一町実施医療機関へ町が助成する高齢者インフルエンザを接種希望の旨をお伝えください。
その他

三芳町、富士見市、ふじみ野市以外のかかりつけ医で受ける場合は別に申請が必要となる場合があります。保健センターへお問い合わせください。

60歳から65歳未満の方

対象者

次の3点をすべて満たす方

  1. 三芳町に住民票のある方
  2. ご本人が接種を希望されている方
  3. 心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害がある方
接種方法 二市一町実施医療機関PDFファイル(130KB)このリンクは別ウィンドウで開きますでの個別接種方式
個人負担額 1,000円(医療機関窓口でお支払いください)
生活保護の方は医療機関窓口で生活保護受給者証を提示することで免除されます。
実施期間 平成29年10月20日から平成30年1月31日
申込方法 直接二市一町実施医療機関へ町が助成する高齢者インフルエンザを接種希望の旨をお伝えください。また予防接種を受ける際に、医師とご相談のうえ接種してください。
その他 三芳町、富士見市、ふじみ野市以外のかかりつけ医で受ける場合は別に申請が必要となる場合があります。保健センターへお問い合わせください。

 

インフルエンザを予防するために

手洗い・うがいの徹底

感染予防の基本は、まず手洗いです。外出後や不特定多数の人がさわるようなものにふれた後は、こまめに手を洗いましょう。また、外出後はうがいをしましょう。

「咳(せき)エチケット」を心がける

  • 咳、くしゃみや発熱などの症状があるときはマスクをしましょう。
  • マスクを持っていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を覆い、周りの人から顔をそらし、できる限り1~2メートル以上離れましょう。
  • 咳、くしゃみをおさえた手、鼻をかんだ後は手を洗いましょう。

規則正しい生活習慣

日ごろから十分な休養とバランスのよい栄養をとり、規則正しい生活をすることで、体力や抵抗力を高め、感染しにくい健康状態を保ちましょう。

「インフルエンザかな?」症状のある方へ

  • 急な発熱と咳(せき)やのどの痛みなどインフルエンザの症状がある場合には、早めの受診を心がけましょう。
  • 妊娠している方、人工透析を受けている方、喘息(ぜんそく)や糖尿病などの持病のある方は、なるべく早く「かかりつけ医」に相談しましょう。

お問い合わせ先

保健センター
電話:049-258-0019(内線:271・272・273) / FAX:049-274-1009
メールアドレス:hoken@town.saitama-miyoshi.lg.jp