メニューをスキップします

ホーム > 町政情報 > 町の施策・­計画 > 三芳町公共施設マネジメント

三芳町公共施設マネジメント

町では、経済成長とともに、昭和40年代後半から個別分野の需要に応じて、多様な施設が配置されてきました。しかし、近年、多くの施設では老朽化が進み、その対策が大きな課題となっています。そこで、平成24年度より専門委員を招き、公共施設マネジメントWT(ワーキングチーム)を設置し、施設の更新や維持管理方針を示すため、調査研究を重ねてきました。その提言を受け、平成24年度は公共施設の効率運用や施設改革における町の考え方を示すため、公共施設マネジメント基本方針を作成いたしました。

そして平成25年度は、基本方針に基づき、施設配置の最適化や管理運営の効率化、施設の有効活用を図り、財政力に応じた施設更新サイクルを実現するため、施設の更新における方針や実現手法を示した公共施設マネジメント基本計画を作成いたしました。一方、国においては、各自治体に対し、今後の公共施設等の管理方針や目標など、基本的な考え方を示す公共施設等総合管理計画の策定を要請しています。そこで、これまでの取り組みを活かし、公共施設マネジメント基本方針、公共施設マネジメント基本計画を再構成して、国の指針に対応する「公共施設等総合管理計画」として公共施設マネジメント基本計画を改訂いたしました。今後、これらを活用し、効率的な公共施設マネジメントを推進して参ります。

以下のリンクよりダウンロードし、ご覧ください。

 

公共施設のあり方に関するアンケート 集計結果 

平成25年11月に実施したアンケートの結果を掲載しています。
今後も、分析結果等を更新していきます。

公共施設のあり方に関するアンケートについて
 

平成25年12月8日(日)、意見交換会を開催

ワールドカフェの様子

詳しくは、

公共施設の未来について考える意見交換会を開催

のページをご覧ください。

 

お問い合わせ先

政策推進室・政策推進担当
電話:049-258-0019(内線:422~424) / FAX:049-274-1055
メールアドレス:seisaku@town.saitama-miyoshi.lg.jp