メニューをスキップします

ホーム > くらし・手続き > 環境・ごみ・リサイクル > 3Rでごみの減量を

3Rでごみの減量を

三芳町では、ごみの減量化と地球温暖化防止対策としてごみの「Reduce(リデュース)減量」「Reuse(リユース)再利用」「Recycle(リサイクル)再資源」の「3R(スリーアール)」を進めています。
循環型社会形成推進基本法では、資源消費や環境負荷の少ない「循環型社会」の構築の目的から、ごみ処理などの優先順位を(1)Reduce(リデュース)→(2)Reuse(リユース)→(3)Recycle(リサイクル)としています。

(1)Reduce(リデュース)

家庭・事業所から出されるごみを増やさない、ごみを減らす(出さない)。

マイバックみらいくん

※買い物をする時はマイバッグ(買い物袋など)を持ちましょう。
※過剰包装は断わりましょう。

 

マイボトルみらいくん

※ペットボトル・カンなどのごみを減らすために、マイボトル(水筒)を持参しましょう。
※ほかのもので代用できる使い捨て商品はなるべく買わないようにしましょう。

 

(2)Reuse(リユース)

繰り返し使う。

※ビールなどはカンよりビン入りのものを、洗剤などは詰め替え式のものを使いましょう。
※壊れたらすぐに捨てないで、修理などをして長く使いましょう。
※欲しい人に譲りましょう。(フリーマーケットなどの活用)

 

(3)Recycle(リサイクル)

回収したごみを再利用しやすいように処理をし、新しい商品の原材料として使う。

分別をするみらいくん

※生ごみは堆肥化しましょう。
※資源ごみは正しく分別し、きれいな状態で出しましょう。
(家庭ごみの正しい分け方・出し方・日程表を確認しましょう。)

 

※トイレットペーパー・ノートなど再商品化された商品を使いましょう。(再商品化された商品を使わないとリサイクルが止まってします。)


お問い合わせ先

環境課/環境対策担当
電話:049-258-0019(内線:216~217) / FAX:049-274-1013
メールアドレス:kankyo@town.saitama-miyoshi.lg.jp