メニューをスキップします

ホーム > 健康・福祉・子育て > 診療・医療機関・制度のご案内 > 健康に関する情報

健康に関する情報


脳脊髄液減少症とは

交通事故をはじめ、転倒やスポーツ外傷、体に衝撃を受けたことなどが原因で脊髄硬膜から脳脊髄液が漏れ出し、脳脊髄液が減少することにより神経系の症状、激しい頭痛や首の痛み、めまい、倦怠感など様々な症状を引き起こす病気とされています。脳脊髄液減少症は医療機関のみならず、教育の現場や一般社会での認知度が低く、病気のつらさに加え、周りの理解が得られないなど苦しい思いをされている人もいらっしゃいます。

◎現在の治療法は

治療法のひとつとして、髄液の漏れている周辺に自身の静脈血を注入し、その血液の凝固作用を利用して髄液の漏れを防ぐ「ブラッドパッチ治療法(硬膜 外自家血注入法)」があります。ただし、治療費用は病院によって異なります。治療方法や診療・相談にかかる費用等については、担当医師・医療機関と御相談ください。

お問い合わせ先

保健センター
電話:049-258-0019(内線:271・272・273) / FAX:049-274-1009
メールアドレス:hoken@town.saitama-miyoshi.lg.jp