メニューをスキップします

ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者 > 心身障がい者の手当について

心身障がい者の手当について

障がい者の方の手当には、以下のものがあります。

特別児童扶養手当

精神又は身体に一定の障害がある児童を、家庭において養育している方に支給される手当です。

対象者

次のいずれかに該当する20歳未満の障害児を養育している父母、又は養育者

  1. 身体に重・中度の障害又は長期にわたる安静を必要とする方(おおむね身体障害者障害程度等級1~3級)
  2. 精神の障害であって、1と同程度(おおむね療育手帳(A) ※1 ・A・Bの一部)以上の方
  3. 身体又は精神の障害が重複する場合であって、1又は2と同程度以上の方

※次の場合には手当は受けられません。

  1. 本人などの前年の所得が一定の限度額以上の場合
  2. 障害児が施設に入所している場合
  3. 障害児が児童の障害を支給事由とする公的年金を受給している場合
内容 手当支給年3回(4・8・11月)

特別障害者手当

精神又は身体に著しく重度の障害があり、日常生活において介護を要する方に支給される手当です。

対象者
  1. 20歳以上であること
  2. 精神又は身体の重度の障害により日常生活において常時特別の介護を要する状態にある方

※ 施設に入所中の方及び継続して3か月を超えて病院等に入院している方は除きます。又、所得制限があります。

内容 手当支給年4回(2・5・8・11月)

障害児福祉手当

精神又は身体に重度の障害があるため、常に介護を必要とする児童に支給される手当です。

対象者
  1. 20歳未満であること
  2. 身体障害者手帳の1級及び2級の一部の方
  3. 療育手帳(A) ※1 の方
  4. 常時介護を要する精神障害者

※障害を支給事由とする年金を受給している方及び施設に入所中の方は除きます。 又、所得制限があります。

内容 手当支給年4回(2・5・8・11月)

経過的福祉手当

特別障害者手当制度の創設前から福祉手当を受給している方のうち、特別障害者手当も障害基礎年金も受けていない方に支給される手当です。

対象者
  1. 20歳以上であること
  2. 制度改正(昭和61年4月1日)前の福祉手当を受給していた方のうち、特別障害者手当も障害を支給事由とする年金も支給されない方

※施設に入所中の方は除きます。又、所得制限があります。

内容 手当支給 年4回(2・5・8・11月)

在宅重度心身障害者手当

在宅の重度心身障害者の経済的、精神的負担の軽減を図ることを目的として支給される手当です。

対象者
  1. 身体障害者手帳1級・2級の方
  2. 療育手帳(A) ※1 ・Aの方
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級の方
  4. 超重症心身障害児の方

※ 次のいずれかに該当する方は除きます。

  • 施設に入所している方
  • 特別障害者手当、障害児福祉手当、経過的福祉手当を受給している方(ただし、超重症心身障害児(医療的ケアを必要とする重度の障害児)に限り、併給が認められます。)
  • 住民税が課税されている方
  • 65歳以上で新たに手当の対象となる手帳を取得した方
内容 手当支給年2回(9・3月)
月額 5,000円
申請
  1. 身体障害者手帳又は療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳
  2. 本人名義の通帳

特定疾患見舞金

特定疾患患者に対し、心身の慰労と福祉の増進を図ることを目的とする見舞金です。

対象者

以下のいずれかの交付を受けている方

  1. 特定疾患医療受給者証
  2. 指定疾患医療受給者証
  3. 小児慢性特定疾患医療受給者証
内容 手当支給年1回(3月)
※申請のあった日の属する月の翌月分から支給となります。
ただし、申請日が月の初日の場合は、申請のあった月分から支給いたします。
月額 1,500円
申請 見舞金の支給を受けようとする方は、上記の医療受給者証と通帳を持参して
役場までお越しください。

お問い合わせ先

福祉課/障がい者庶務担当
電話:049-258-0019(内線:174・175) / FAX:049-274-1051
メールアドレス:fukushi@town.saitama-miyoshi.lg.jp