メニューをスキップします

ホーム > 防災・防犯­・消防 > 災害など > 東日本大震­災に関する­情報 > 三芳町における放射線量等に関する対応方針に基づく公共施設の空間放射線量詳細測定結果

三芳町における放射線量等に関する対応方針に基づく公共施設の空間放射線量詳細測定結果

三芳町では、大気中の放射線量の測定を昨年6月から、小中学校と保育施設の定点測定を開始し、また10月から、子ども広場や集会所など30か所を超 える測定結果を公表してきました。これまでの町による空間放射線量の測定結果や、文部科学省による航空機モニタリングの測定結果から、三芳町は面的に、追 加被ばく線量が年間1ミリシーベルト(毎時0.23マイクロシーベルト)未満の地域であると考えられております。
 昨年10月21日、国から「当面の福島県以外の地域における周辺より放射線量の高い箇所への対応方針」等が示され、雨どいの下や雨水の集まりやすい場所 など局所的に周辺より放射線量が高い箇所(いわゆるホットスポットと呼ばれています)の存在が考えられるため、これらの箇所の放射線量低減対策の判断の基 準として、国および埼玉県では「周辺より毎時1マイクロシーベルト以上」としております。
 町では、住民の安心安全な環境を確保し、子どもたちの健康に対する不安を解消するため、子どもたちが利用する頻度の高い小中学校、保育施設、公園などの公共施設で、局所的に高い線量を示す箇所が発見された場合に、放射線量の低減対策に取り組むため「三芳町における放射線量等に関する対応方針」PDFファイル(12.3KB)を定めました。
この対応方針では、公共施設における空間放射線量が、地表から5cmの高さ(ただし、道路側溝については50cmとします)で、毎時0.23マイクロシー ベルト以下とすることを目標値と定め、この値を超えた場合には、汚染箇所の形状、広さや人が近づく頻度などを勘案して、除染等低減作業を行うこととしまし た。
 この対応方針に基づき、町内各施設の空間放射線量詳細測定を実施し、その結果を順次公表します。

測定場所

放射能除染に伴い発生した土砂の埋設箇所のモニタリング測定結果

対策目標値を超えた箇所の除染作業後の土砂を埋設した箇所の測定(地上高5cm/モニタリング)を実施しました。
モニタリング測定結果PDFファイル6KB

 

 

お問い合わせ先

環境課/環境対策担当
電話:049-258-0019(内線:216~217) / FAX:049-274-1013
メールアドレス:kankyo@town.saitama-miyoshi.lg.jp