メニューをスキップします

ホーム > 防災・防犯­・消防 > 災害など > 東日本大震­災に関する­情報 > 水道水の放射性物質の検査結果

水道水の放射性物質の検査結果

平成24年4月1日より水道水のセシウムにおける基準値が10ベクレル/ℓとなりました。水道水の放射性物質の検査の精度を上げて、安全でおいしい水を目指し今後も監視をしていきます。
三芳町の水道水は、埼玉県営水道からの県水(さいたま市の大久保浄水場)約70%、町内の井戸水(地下水)約30%を使用しています。
平成29年10月17日に採取した検査結果が出ましたのでお知らせいたします。なお、水道水及び地下水の放射性物質のデータにこの1年間数値変動がみられませんので、厚生労働省の指針に従いまして3ケ月毎の検査をしております。

 
検体 ヨウ素131 セシウム134 セシウム137
水道水 検出せず 検出せず 検出せず
地下水 検出せず 検出せず 検出せず

水道水、地下水ともに検出されませんでした。
三芳町の水道水を引き続き安心してご利用ください。


なお、県水の最新の検査結果が、発表されていますので、下記のリンクからご覧ください。

※詳しくは、埼玉県における水道水(県水)の検査結果をご覧ください。

※信頼できる値として測定できる最小の値を「検出限界値」といい、それより小さい値は、「検出せず」としています。また、「検出限界値」は、測定方法および測定条件により変わることがあります。
「検出限界値」:水道水のヨウ素131は0.74Bq/Kg、セシウム134は0.70Bq/Kg、セシウム137は0.91Bq/Kg 地下水のヨウ素131は0.91Bq/Kg、セシウム134は0.92q/Kg、セシウム137は0.94Bq/Kg

お問い合わせ先

上下水道課/水道施設担当
電話:049-274-1014
FAX:049-274-1053
メールアドレス:suido@town.saitama-miyoshi.lg.jp