メニューをスキップします

ホーム > 町政情報 > 町の施策・計画 > みよしSDGs

みよしSDGs

Contents

三芳町とSDGs

三芳町は、農家の努力と誇りを持って3世紀を超えて継続されてきた日本遺産に認定された武蔵野の落ち葉堆肥農法で実践されている循環型農法(埼玉県指定旧跡「三富新田」)や平地林が残り、持続可能な発展という想いが根付く町です。また、近年では、武蔵野台地の強固な地盤と関越自動車道が通る首都圏の流通拠点(企業立地に関するご案内)として、国内外で活躍する企業や事業所が多く所在しており、経済循環の一役も担う地域となっています。

三芳町では、このような町の特徴と活かしながら、経済を発展させ、かつ、人や環境にやさしい、持続可能な地域をつくっていきたいと考えています。

みよしSDGs新着情報

SDGsって?

SDGs全体

SDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載される2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。

もっとSDGsについて知りたい!

下記リンク先をご参照ください。

ゴールとターゲットを詳しく知りたい

政府の取組が知りたい

 

SDGsに取り組みたい!

個人・団体・事業者の皆様の取組を、三芳町として応援します!
町としての取組の詳細は今後発表予定ですが、随時、ご相談、一緒に取り組んでくださる方等を受け付けておりますので、下記お問い合わせ先まで、お気軽にご連絡ください。

取り組んでいきたい方にオススメ

お問い合わせ

政策推進室・政策推進担当
電話:049-258-0019(内線:422~424) / FAX:049-274-1055
メールアドレス:seisaku@town.saitama-miyoshi.lg.jp