メニューをスキップします

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 町の小・中学校 > 小中学校にAED(自動体外式除細動器)を設置

小中学校にAED(自動体外式除細動器)を設置

三芳町では児童生徒等の尊い命を守るため、AEDを設置しました。

AED設置場所(各学校、保健室に設置)

三芳小学校                   北永井343番地
藤久保小学校                  藤久保224番地2
上富小学校                   上富1267番地4
唐沢小学校                   藤久保410番地2
竹間沢小学校                  竹間沢550番地1
三芳中学校                   北永井350番地
三芳東中学校                  藤久保610番地1
藤久保中学校                  藤久保420番地2

心停止の傷病者を救う装置です

 突然死の死因のほとんどは心臓疾患で、心室細動(心臓が小刻みに震えるだけで血液ポンプとしての役割を失った状態)などによる心停止が大きく関 与していると言われています。「自動体外式除細動器」(Automated External Defibrillator:以下AED)は、心室細動を電気ショックにより除去し(除細動)、停止した心肺機能を復活する医療機器です。

誰でも使うことができます

 AEDは、医師や救急救命士だけでなく、一般の方も使用できるように設計されています。自動的に傷病者の心電図を解析して除細動の必要性を判断し、音声で必要な処置を指示するので、操作に高度な専門知識を必要としません。

救命には迅速な除細動の実施が不可欠です

 心室細動になると心臓がけいれんを起こし、助かるチャンスは1分を経過する毎に約10%ずつ失われ、10分後にはほとんどの人が死に至ります。傷 病者の蘇生・社会復帰の確率を高めるには、心停止から5分以内の除細動実施が必要です。迅速な除細動の実施が尊い命を救います。

 

お問い合わせ先

教育総務課/施設庶務担当
電話:049-258-0019(内線:532・533) / FAX:049-274-1056
メールアドレス:kyousoumu@town.saitama-miyoshi.lg.jp