メニューをスキップします

ホーム > 新着情報一覧 > 中東呼吸器症候群(MERS)についてのお知らせ

中東呼吸器症候群(MERS)についてのお知らせ

中東呼吸器症候群(MERS:マーズ)とは

中東呼吸器症候群(MERS)は、2012年にはじめて確認されたウイルス性の感染症です。

原因となるウイルスはMERSコロナウイルスと呼ばれています。

主として中東地域(アラブ首長国連邦、イエメン、イラン、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、ヨルダン、レバノン)で患者が報告されています。

どのような症状が出ますか?

主な症状は、発熱、せき、息切れなどです。下痢などの消化器症状を伴う場合もあります。MERSに感染しても症状の現れない人もいますが、高齢者や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人では重症化する傾向があります。

 流行国から帰国された方へ 

帰国時に発熱や咳などの症状がある方は、空港内等の検疫所へご相談ください。

帰国後14日以内に、発熱や咳などの症状がみられたら、直接医療機関には行かずに、事前に最寄りの保健所に連絡の上、中東地域等に滞在していたことを告げてください。

 

中東呼吸器症候群(MERS)に関する詳しい情報

厚生労働省ホームページ 中東呼吸器症候群についての情報このリンクは別ウィンドウで開きます

国立感染症研究所ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

厚生労働省検疫所ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

外務省 海外安全情報ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ

保健センター
電話:049-258-0019(内線:271・272・273) / FAX:049-274-1009
メールアドレス:hoken@town.saitama-miyoshi.lg.jp

くらしのカレンダー

よくある質問

 

観光情報ページ

子育て支援のページ

 

SNS公式アカウント