メニューをスキップします

ホーム > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険の加入手続き等について

国民健康保険の加入手続き等について

国民健康保険加入の手続

他の市町村の国民健康保険加入者が転入したときや職場の健康保険を喪失(やめる)したとき、国民健康保険加入者の方で子どもが生まれたときなど国民健康保険に加入する手続をしてください。

すでに同じ世帯で三芳町の国民健康保険に加入している方がいる場合は、その被保険者証をお持ちください。

国民健康保険の資格を取得するのは、届出日ではなく、前に加入していた保険の資格喪失日からとなりますので、届出は早めにお願いします。

届出には、下記の書類が必要です。

加入するとき
加入手続事由 持参するもの
転入したとき 転出証明書
他の健康保険をやめたとき 健康保険の資格喪失証明書・身分証明書
子どもが生まれたとき 被保険者証・印鑑

国民健康保険喪失(やめる)の手続

国民健康保険に加入している方が他の市町村へ転出したとき、就職などで職場の健康保険に加入したとき、不幸にして死亡されたときなどは資格がなくなります。

これらに該当する場合は14日以内に資格喪失の届出をしてください。

手続後の国民健康保険税は、資格喪失日により月割計算となります。

届出には下記の書類が必要です。

やめるとき
喪失手続事由 持参するもの
転出するとき 被保険者証
他の健康保険に加入したとき 国民健康保険の被保険者証と他の健康保険の被保険者証
死亡したとき 被保険者証・印鑑

退職者医療制度

会社などを退職し、現在国民健康保険に加入していて、年金を受けられるようになったら退職者医療制度で医療を受けることになります。

1)退職者医療制度に該当する方

 《退職被保険者本人》

  1. 国民健康保険に加入している方
  2. 厚生年金や各種共済組合などの年金受給権が発生している方で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降10年以上ある方
  3. 65歳未満の方

 《退職被保険者の扶養家族》

  1. 退職被保険者と同一世帯で、扶養されている方

2)届出に必要なもの

  1. 年金証書
  2. 国民健康保険者被保険者証

3)医療費の負担割合

  1. 平成15年4月1日より、本人、扶養家族ともにすべて3割となりました。
    (小学校入学前の被扶養者を除く)

※平成27年4月1日以降に退職被保険者の要件を満たすことになった方は、退職者医療制度の対象とはなりません。

国民健康保険に加入している方の窓口負担

医療機関への自己負担割合
小学校入学前 2割
小学校入学後〜69歳 3割
  退職者
医療制度
該当者
本人 3割
被扶養者
 外来3割
 入院3割
70歳以上

2割(昭和19年4月1日までに生まれた方は1割)
一定以上所得者 3割 ※

※次の条件に該当する方は、一定以上所得者として一部負担金が3割となります。
(1)同一世帯に一定の所得以上(課税所得が145万円以上)の70歳以上の方又は後期高齢者医療制度対象者がいる方。
(2)同一世帯に昭和20年1月2日以降に生まれた70歳以上の方がいる世帯は、(1)の条件に加え、70歳から74歳までの国民健康保険被保険者の旧ただし書き所得(総所得金額等から33万円を差し引いた金額)の合計額が210万円を超える方。
ただし、70歳以上の方および後期高齢者医療制度対象者の収入の合計が、一定額未満(単身世帯の場合:年収383万円未満、2人以上の世帯の場合:年収 520万円未満)である旨申請があった場合を除きます。

※失業や災害等、特別な事情により生活が困難となり、医療機関窓口での一部負担金の支払いが困難な場合は、申請により減免(減額)される場合がありますので、ご相談ください。

お問い合わせ先

住民課/保険年金担当
電話:049-258-0019(内線:153~158) / FAX:049-274-1101
メールアドレス:jumin@town.saitama-miyoshi.lg.jp