メニューをスキップします

ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者 > 障害者の方の行動範囲の拡大

障害者の方の行動範囲の拡大

福祉タクシー利用料金助成事業・地域福祉バス利用料金助成事業・有料自転車駐輪場利用料金助成事業・在宅重度心身障害者自動車燃料費補助事業・自動車運転免許取得費用の補助及び自動車改造費補助事業

福祉タクシー利用料金助成事業

心身に障がいのある方の日常生活の利便を図り、その福祉を増進することを目的として福祉タクシー券を交付します。

対象者 身体障害者手帳1級、2級の方、療育手帳(A) ※1・Aの方・精神障害者保健福祉手帳1級、2級の方
内容 タクシー利用券年間48枚(中型までの初乗り運賃相当額)
申請
  1. 身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳
  2. 印鑑

地域福祉バス利用料金助成事業

心身に障がいのある方の日常生活の利便を図り、その福祉を増進することを目的として地域福祉バス(ライフバス)利用料金の助成をしています。

対象者 身体障害者手帳1級・2級の方
療育手帳(A) ※1 ・Aの方
 
内容 バス利用券年間96枚(遠距離運賃相当額)
申請
  1. 身体障害者手帳又は療育手帳
  2. 印鑑

有料自転車駐輪場利用料金助成事業

町内に、居住する心身障がい者や「生活保護法による」被保護者が、通勤・通学などで民営の有料自転車駐輪場を定期的に利用するときの料金の一部を助成しています。

対象者
  1. 身体障害者手帳の所持者
  2. 療育手帳の所持者
  3. 生活保護法による被保護者
補助額 定期利用料金の範囲内。ただし、1か月の料金が3,000円を越えるときは、3,000円を限度とします。
申請
  1. 身体障害者手帳又は療育手帳等
  2. 領収書(金額利用料金の分かるもの)
  3. 通帳
  4. 印鑑

在宅重度心身障害者自動車燃料費補助事業

在宅の重度心身障がい者に対し、日常生活において利用する自家用自動車の燃料費に要する経費の一部を補助します。

対象者

次のいずれかに該当する方。ただし、地域福祉バス利用料金助成事業又は、福祉タクシー利用料金助成事業の助成を受けている方及び施設入所している方は除きます。

  • 身体障害者手帳1、2級に該当する方又は扶養する方
  • 療育手帳(A) ※1・Aに該当する方又は扶養する方
  • 精神障害者保健福祉手帳1、2級に該当する方又は扶養する方

※平成20年4月1日から支給対象者が拡大しました。
変更点(旧)身体障害者手帳1、2級の下肢・体幹障害を有する方又は扶養する方
(新)身体障害者手帳1、2級

対象車

次の要件を満たしている方。

  • 障がい者が通勤、通学、通院、その他日常のように使用する自動車
  • 障がい者又はその者と同居し、生計を同じにする者が所有する自動車
補助額 燃料は、ガソリン又は軽油とし、月2,500円が限度額です。
申請
  • 自動車運転免許証の写し
  • 自動車車検証の写し
  • 領収書
  • 印鑑
  • 通帳

◎登録は、福祉課障がい者庶務係までおこしください。登録が済みましたら、月々の申請は出張所でも可能です。

自動車運転免許取得費用の補助及び自動車改造費補助事業

心身に障がいのある方が、就職など社会活動に参加しやすいように自動車運転免許を取得する場合に、その費用の一部を補助します。また、通勤・通学等のため自動車を改造する場合その費用の一部を補助します。
なお、いずれの場合も事前に障がい者支援係にご相談いただき、補助の決定を受けてから行っていただくことになりますのでご注意下さい。

自動車運転免許取得費用の補助

対象

障がい者手帳の交付を受けている方で、下記の条件をすべて満たしている方

  1. 運転免許の取得により収入の向上又は就職に著しく有利になる等その更生が見込まれる方
  2. 道路交通法第96条の規定による運転免許試験の受験資格を有する方
  3. 過去において運転免許取得のため、補助金の交付を受けていない方
内容 自動車運転免許取得に要した費用の3分の2以内で12万円を限度とします。

自動車改造費補助事業

対象

障がい者手帳をお持ちの方で通勤・通学等のため自分で自動車を運転する方

内容 自動車のハンドル、ブレーキ、アクセル等を改造するための費用を10万円を限度に補助します。(所得制限あり)

お問い合わせ先

福祉課/障がい者庶務担当
電話:049-258-0019(内線:174・175) / FAX:049-274-1051
メールアドレス:fukushi@town.saitama-miyoshi.lg.jp