メニューをスキップします

ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者 > 重度心身障害者医療費支給制度

重度心身障害者医療費支給制度

心身に重度の障がいのある人の福祉の増進を図り、経済的な面で安心していつでも診療が受けられる医療費支給制度です。

助成内容

対象者が医療機関で診療を受けたとき、保険診療で自己負担した額が助成の対象となります(食事療養費、生活療養費は除く)。ただし、他の公費負担や健康保険組合から高額療養費、附加給付金が支給される場合は、その額を差し引いた額が助成の対象となります。

※薬の容器代・差額ベッド代など保険外診療は助成の対象となりません。

対象者

三芳町に住所があり、健康保険に加入している心身に障がいがある方で、次のいずれかに該当する場合

  1. 身体障害者手帳1~3級の交付を受けている方
  2. 療育手帳マルA、A、Bの交付を受けている方
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている方(精神病床への入院費用は除く)
  4. 65歳未満で、後期高齢者医療制度で定める障害認定の対象となる手帳の交付を受け、その後65歳以上になったことでその障害認定を受けた方

後期高齢者医療制度の障害認定者    

  • 国民年金障害基礎年金証書1、2級
  • 身体障害者手帳1、2、3級と4級の一部
  • 療育手帳マルA、A
  • 精神障害者保健福祉手帳1、2級

※65歳以上で新たに1~3の該当となった方は除きます

所得制限

下記の所得基準を超える方は、重度心身障害者医療費の支給を停止されます。

  • 開始時期:平成31年1月1日
  • 所得基準:所得の額の算定にあたっては、特別児童扶養手当等の支給に関する法律施行令第5条の扶養義務者の基準を、限度額については同条第7条の基準を用いる。
    (重度心身障害者医療費制度に該当する方のみの所得を対象とします。また世帯状況や扶養している方の人数等により控除できる額等が変わるため、詳しくは下記の所得・控除の基準をご参照ください。

    ※平成30年12月31日までに資格を取得している方については、平成34年9月30日までは今までどおり支給されます。

所得・控除の基準PDFファイル(159KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

福祉課/福祉庶務担当
電話:049-258-0019(内線:176~178) / FAX:049-274-1051
メールアドレス:fukushi@town.saitama-miyoshi.lg.jp