メニューをスキップします

ホーム > 防災・防犯­・消防 > 防災・防犯­ > 帰宅困難者対策

帰宅困難者対策

1安全確保のための対策
 地震等の災害が発生した場合、鉄道等の公共交通機関が停止し、外出中の方が一斉に帰宅しようとして道路が多くの人であふれてしまうと、消防や警察、自衛隊の活動に支障をきたすとともに、余震等で被害に遭う可能性もありますので、混乱や危険を避けるために以下について、取り組んでいきましょう。
【勤務中や外出中の発災に備えて】
(1)自分自身の対応として

  • むやみに帰宅行動をとらないこと(一斉帰宅の抑制への協力)
  • 家族との安否確認手段の確保(災害用伝言ダイヤル等)

(2)町内の事業所・私立学校等の対応として

  • 従業員や学生の一斉帰宅の抑制
  • 施設の安全化対策(耐震化等)
  • 従業員や学生の飲食料や毛布等の備蓄、仮泊場所等の確保、情報入手手段の確保

2帰宅困難者支援施設
 外出中の発災時は、むやみに帰宅しようとせず、勤務先や大学等に留まることが原則ですが、それでも帰宅困難者が滞留してしまう場合に備えて、次のような支援施設が予定されています。
(1)災害時帰宅支援ステーション
 東京都、埼玉県を含む九都県市では協定により、次のマークのあるガソリンスタンド、コンビニエンスストア、ファミリーレストラン等を徒歩帰宅者のための「災害時帰宅支援ステーション」としており、水・トイレ・情報の提供を受けることができます。

st

(2)一時滞在施設
 町の帰宅困難者の宿泊は1泊を限度とします。
・竹間沢公民館 (代替施設:竹間沢小学校体育館)
・藤久保公民館 (代替施設:藤久保小学校体育館)

お問い合わせ

自治安心課/防犯防災担当
電話:049-258-0019(内線:265・266) / FAX:049-274-1009
メールアドレス:chiiki@town.saitama-miyoshi.lg.jp