メニューをスキップします

ホーム > 観光・産業・ビジネス > 農業・商工­振興 > 町長の企業訪問 > 第1回 町長の企業訪問 (平成20年5月15日訪問)

第1回 町長の企業訪問 (平成20年5月15日訪問)

株式会社 角田鉄工所 編/社訓「信頼 熱間鍛造の喜び」

株式会社 角田鉄工所 (三芳工場) 【鍛造業】

住所 〒354-0041
埼玉県入間郡三芳町藤久保1003番地

角田鉄工所外観

電話 049-258-1395
FAX 049-258-0607
創立 昭和26年1月(創業:昭和20年10月)
※昭和36年3月 三芳工場新設
主要生産品目 四輪・二輪・船外機等のクランクシャフト及びその他精密鍛造部品

第1回目は、平成20年5月15日に(株)角田鉄工所を訪問いたしました。

当日は、代表取締役副社長の角田邦夫さん、常務取締役の川端忠男さん、製造部長の大川公明さんからそれぞれお話を伺いながら、工場を視察いたしました。

(株)角田鉄工所は、昭和20年に東京の滝野川で機械器具・農機具用鍛造品を個人創業し、昭和36年に現在の三芳町藤久保に三芳工場を新設して現在に至っています。


主要製品のクランクシャフト

同社は、創業以来一貫して自動車部品・オートバイ部品建設機械・農業機械等の各鍛造部品を生産し、製品は本田技研工業(株)、スズキ(株)、柳河精機(株)、関口精機(株)、ヤマハ発動機(株)、冨士重工業(株)、川崎重工業(株)等へ納品されているとのことでありました。同社は ISO14001(環境マネジメントシステム認証)、ISO9001(品質マネジメントシステム認証)を取得するなど製品の品質管理から環境までも配慮した企業であります。国際鍛造会議技術見学工場に指定されているほか、中小企業庁長官賞(経営合理化優秀工場)も受賞されておりました。創業者の角田五郎氏は、三芳町の商工会副会長を務めるなど町へも大きく貢献され、企業は家族であるをモットーに仕事に精励されたその意思は、副社長の角田さんが引き継いでいるとのことでした。

 

副社長の角田さんのお話によれば、現在160名(派遣社員15名含む)近くの従業員がおり、その内、三芳町在住の従業員は24名となっているが、今後は町内在住の従業員をもっと多く採用したいとのこと、大変心強い言葉をいただきました。

鈴木町長は、厳しい企業間競争の中で、創意工夫を重ねる企業の姿に学ぶべき点が多くあり、今後も定期的に企業訪問を実施したいと意欲を新たにしています。

製品の検査作業風景
製品の検査作業風景

 

お問い合わせ先

観光産業課/商工観光担当
電話:049-258-0019(内線:214・215) / FAX:049-274-1013
メールアドレス:kanko@town.saitama-miyoshi.lg.jp