メニューをスキップします

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 社会教育施設 > 三芳町立歴史民俗資料館

三芳町立歴史民俗資料館

歴史と自然を学習・観察できるカルチャーゾーン

資料館概要

写真:資料館外観 歴史民俗資料館は、昭和60年度に建設、昭和61年11月23日に展示開館、その後、昭和63年6月旧池上家の復元・竹間沢こぶしの里の整備が終了し、資 料館を中心とした歴史と自然を学習・観察できるカルチャーゾーンとしてスタートしました。資料館の展示は、武蔵野の開拓で知られる三芳の歴史「拓く」を テーマとし祖先が不毛の大地に立ち向かい、たゆまぬ努力と知恵を絞り、豊かな土地をつくり上げてきた様子を紹介しました。

旧池上家住宅は、江戸時代末期の茅葺民家住宅であり、畑作新田として知られる開拓村が幕末には豊かなところになったことを証明してくれる大規模な家屋であ ると共に、今は遠い昔になってしまった祖父母の時代を思い起こさせてくれます。 こぶしの里は、武蔵野の美林と謳歌された落葉樹の雑木林と、原始古代の時 代から人々と深い関わりを持ってきた古井戸の湧き水を中心に自然と人々の関わりを伝え残すところです。

利用案内

開館時間 午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
休館日 月曜日・国民の祝日・年末年始
入館料 無料
交通 東武東上線みずほ台駅下車徒歩20分
所在地 埼玉県入間郡三芳町大字竹間沢877
歴史民俗資料館 電話:049-258-6655

資料館ホームページはこちら

お問い合わせ先

三芳町立歴史民俗資料館
電話:049-258-6655 / FAX:049-258-8466
メールアドレス:rekimin@town.saitama-miyoshi.lg.jp