メニューをスキップします

三芳町

現在位置ホーム > くらし・手続き > 税金 > 令和3年度は固定資産税「評価替え」の年です

令和3年度は固定資産税「評価替え」の年です

令和3年度は固定資産税「評価替え」の年です

固定資産税は、毎年1月1日時点において固定資産(土地・家屋・償却資産)を所有している方が納める税金で、評価額を基に算定されます。土地と家屋については、原則として3年に1度の基準年度ごとに評価の見直し(評価替え)を行っています。令和3年度はこの基準年度に当たります。

土地の評価替えについて

土地の評価替えについては、地価公示価格や不動産鑑定士の鑑定評価などに基づき、評価額を決定します。なお、土地の価格は3年間据え置くことが原則ですが、据置年度である令和4年度、令和5年度において地価が下落している場合で、価格を据え置くことが適当でないときは価格の修正(下落修正措置)を行います。ただし、令和3年度税制改正により、令和3年度に限り、負担調整措置により課税標準額が増加する土地について、前年度の課税標準額に据え置く特別な措置が講じられている場合があります。

家屋の評価替えについて

家屋の評価替えについては、固定資産評価基準に基づき、再建築価格に対して経年減点補正率などを乗じて評価額を算出します。再建築価格とは、家屋を取得する際の売買価格や、建築坪単価などとは異なり、評価の対象となった家屋と同一のものを評価替えの時点において、その場所に新築する場合に必要とされる建築費のことです。前回の評価替えで求められた再建築費表点数に再建築費評点補正率を乗じて算出します。また、経年減点補正率とは家屋の建築後の年数経過で生じる損耗による減価を表したもので、構造や種類により異なります。
なお、算出された家屋の評価額が前年度を上回る場合は、前年度の評価額に据え置きます。

用語解説

地価公示価格

地価公示法に基づき毎年発表される1月1日時点の地価

課税標準額

税額を計算する基礎となる額。税額は、課税標準額に税率を乗じて求める

固定資産評価基準

総務大臣が定める固定資産の評価基準で、評価の実施方法および手続きを定めたもの

再建築費評点補正率

前回評価替えから今回評価替えまでの3年間に生じた建築資材の物価変動率

お問い合わせ

税務課/資産税担当
電話:049-258-0019(内線:135~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

※回答をご希望される場合は氏名、住所、電話番号を必ずご記載ください。