メニューをスキップします

ホーム > 防災・防犯­・消防 > 地域連携避難訓練 平成27年10月17日(土)

地域連携避難訓練 平成27年10月17日(土)

地域連携避難訓練 平成27年10月17日(土)午後1時30分

10月17日(土)午後1時30分、東京湾北部を震源とする震度6弱の地震が発生したとの想定のもと、町内すべての指定避難所(小中学校8校)を開設し、役場庁舎内の災害対策本部との情報連絡体制を確認する地域連携避難訓練を今年も開催します。大災害がおきたときの具体的な行動を確認・体験します。

訓練開始のお知らせ方法

訓練開始は、午後1時30分に防災行政無線でお知らせします。
放送が聞こえましたら住民の皆さまは「姿勢を低く」「頭を守り」「揺れがおさまるまで動かない」訓練をお願いします。
この機会に次のような災害時行動の確認をお願いします。

1 身の回りの安全確保
2 火の元の確認(ガスの元栓など)
3 ドアを開けて出口の確保
4 家族の安否確認
5 ラジオ等での情報把握
6 非常持ち出し品の確認
7 ブレーカーの遮断(通電火災の発生予防)
8 避難場所の確認
9 地域の防災活動への協力

訓練概要

1 避難訓練
各行政区では、近隣安否確認、一時避難地参集訓練、指定避難所開設訓練を行い、町避難所担当職員は、災害対策本部と指定避難所の情報伝達訓練を実施します。

2 防災体験訓練
さらに、避難所ごとに各種団体の協力のもと、三角巾応急手当や非常トイレ組立、炊出し、発電機使用などの訓練を実施します。

3 訓練形態
今回の訓練では、すべての避難所エリアを総合型訓練とし、特に以下の3つのエリアに訓練テーマを設定しました。

(1) 藤小エリア「救出救護」
三芳医会の協力を得て、倒壊家屋から救出したけが人のトリアージと応急仮設救護所の開設、重傷者の総合病院への救急搬送などを実施します。

(2) 藤中エリア「マンション避難」「給水」
階段避難車を使ったマンションからの災害時要援護者避難や断水を想定して、浄水機使用、給水車による給水などを実施します。

(3) 三芳中エリア「要援護者避難」
体育館内に要援護者用スペースを設置し、重度の要援護者は、町が協定する民間の福祉避難所へ搬送します。また、導入した防災情報ステーション(WiFiスポット)とタブレット端末を使用して、避難所での遠隔手話通訳の通信実験を実施します。

訓練開始のお知らせ方法

1 防災行政無線
  10月17日(土)午後1時30分に訓練開始の訓練放送を流します。

2 三芳町地域コミュニティメール
  登録者には事前に訓練がある旨の配信をします。

3 ツイッター
  @miyoshi_machi(町公式アカウント)でお知らせします。

指定避難所の一覧

指定避難所 対象行政区
上富小 上富1、2区・上富3区(関越自動車道より西)
三芳中 上富3区(関越自動車道より東)・北永井1、2区
三芳小 北永井3区・藤久保5区(国道254号より西)
藤久保小 藤久保2、3、6区・藤久保5区(国道254号より東)
三芳東中 藤久保4区
唐沢小 藤久保1区
藤久保中 みよし台1区
竹間沢小 竹間沢1区

  

お問い合わせ

自治安心課/防犯防災担当
電話:049-258-0019(内線:265・266) / FAX:049-274-1009
メールアドレス:chiiki@town.saitama-miyoshi.lg.jp