保育所などをさがす

学童保育室

学童保育室は、保護者が仕事に従事したり、あるいは疾病にかかっているなどのため放課後に留守家庭が常態となる児童を家庭の保護者に代わって保育することを目的とする施設です。

場所

名称 所在地・住所 電話
藤久保第1学童保育室 藤久保小学校内 藤久保224-2 049-258-4853
藤久保第2学童保育室 藤久保小学校内 藤久保224-2 049-258-1263
唐沢学童保育室 唐沢小学校内 藤久保410-2 049-258-0521
北永井学童保育室 三芳小学校内 北永井343 049-258-3824
竹間沢第1学童保育室 竹間沢小学校内 竹間沢550-1 049-258-3779
竹間沢第2学童保育室 竹間沢小学校内 竹間沢550-1 049-258-3779
上富学童保育室 上富小学校内 上富1267-4 049-257-1152

学童保育室マップへ

お申し込み

新年度(平成30年度)4月入室について

平成30年度4月学童保育室入室の申し込みについてお知らせします。

入室資格

町立小学校の1〜6年生で、保護者の就労などで放課後に家庭がいつも留守の児童。

必要書類
  1. 入室申込書 (児童1人に対して1枚)
  2. 入室申込補助票 (児童1人に対して1枚)
  3. 保育が必要なことを証明する書類
    「就労証明書」 「就労状況申告書」 「在学証明書」 「就労誓約書」 「母子健康手帳の写し」
    「医師による診断書」など
  4. 前年度の市(区)町村民税課税・非課税証明書(本年1月1日以降に三芳町に転入した人)

申込書等は三芳町役場こども支援課および町内各学童保育室・保育所で配付します。

一斉受付日時

唐沢・竹間沢・上富学童:11月14日(火)13:30〜18:00
藤久保・北永井学童:11月15日(水)13:30〜18:00

受付場所

藤久保公民館ホール
※役場では一斉受付はしません。書類のみ預かり、後日面接となります。

面接

受付時面接を行いますので、お子さんをお連れください。

申込受付終了日

第1次:平成29年12月12日(月)17時15分まで
第2次:平成30年2月13日(火)17時15分まで

年度途中の入室の場合

学童保育室の入室は、各月の1日が入室日になります。申込は希望される月の前月10日までに必要書類をそろえて、こども支援課保育担当に提出してください。

入室の決定

先の入室基準によって、保護者の方から提出していただいた申込書類に基づきお子さんが保育を必要とする状態にあるかどうかを調査し、その度合いの高い順に入室者を決定いたします。

 

夏休み期間の利用申込について

夏休み(7月・8月)のみ学童保育室の利用を希望される場合、申込書の受付期限は6月12日(月)までです。
必要書類をそろえて、こども支援課保育担当に提出してください。

保育時間

  • 平日保育(月〜金曜日)放課後〜18時30分
  • 土曜保育(8時00分〜18時30分)
    ※合同保育となります。開設している学童は3カ所(藤久保第1学童・北永井学童・竹間沢学童)です。
     土曜保育は保護者が仕事で保育が必要な場合のみ保育します。(土曜保育申込書が必要です)
  • 一日保育(8時〜18時30分)
    ※夏・冬・春休み・開校記念日・県民の日・運動会などの振り替え休業日は一日保育となります。
休室日
  • 日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日〜1月3日)
  • その他町長が特別な事情があると認めた日
  • 災害時において学校が休校となった場合

お迎えについて

平日:18時30分までにお願いします。
土曜日:18時30分までにお願いします。

  • なお、やむを得ずお迎えに来られない場合は事前に提出していただく帰宅時間申請届により指定の時間に帰宅することになります。

保育料について

月額7,000円

  • 免除制度があります(詳細はお問い合わせください)。
  • 毎月1日に在室している方にその月分を納めていただきます。
  • 出席していなくても退室の手続きをしていないとその月分は納めていただくことになります。

ご注意

  • 集団生活に慣れさせるため、あるいは友達と遊ばせたいといった理由だけでは入室の対象となりません。
  • 内職・ボランティアでの入室はできません。
  • 仕事の休み等でご家庭での保育が可能な場合は、利用を控えていただけるようご協力をお願いいたします。
  • 夏休みなどの学校休業期間のみの一時的なご利用は7月8月2ヶ月間の一括申し込みとなります(6月12日までの申し込み)。また、入室状況によっては希望する保育室に入室できない場合も有ります。
  • 他の児童や支援員に危害を加えるなど集団生活が困難になる場合、児童の安全を守るため、お預かりできなくなる場合がありますのでご理解をお願いいたします。
  • 保育時間内に保護者、もしくは保護者に準ずる方が送り迎えすることが基本となります。

 

お問い合わせ

こども支援課/保育担当


ページの先頭へ