ホーム > 観光情報ページ > 三芳町について

三芳町について

そば

そば

町内には20haものそば畑が広がり、埼玉県内有数のそば生産地。三芳産そばは粘りが強く、十割そばにしても歯切れやのどごしが良いのが特徴です。季節には一面のそば畑を見ることができます。

■そばの花の見頃
夏:5月~6月
秋:10月~11月

【グルメスポット】手打ちそばうどん「富」(とめ)

 

 

ほたる

ほたる

竹間沢こぶしの里では、地元「竹間沢ほたる育成会」による保護育成活動により、ほたるの輝きが守られています。5月下旬~6月初旬頃には毎年50匹ほどが飛び交い、幻想的な光景が広がります。

【自然スポット】こぶしの里

 

 

富の川越いも

富の川越いも

「富の川越いも」の生産を担う農家が軒を連ねる道を「いも街道」と呼びます。シーズンになると街道沿いにはのぼり旗が一斉にはためき、様々な品種を各農家から直接購入できます(9月~1月頃まで)。富の川越いもで作られたアイスや羊羹、焼酎なども販売しています。

【三芳町の名産品】富の川越いも

 

 

三富新田

三富新田

約320年前、川越藩主柳沢吉保の命による三富開拓により作られました。屋敷地・耕地・平地林の短冊状地割が今でもよく残っており、現在でも農業がさかん。江戸時代から受け継がれている「落ち葉堆肥農法」は、平成29年に日本農業遺産に認定されました。

【文化財】埼玉県指定旧跡「三富新田」

武蔵野の落ち葉堆肥農法世界農業遺産推進協議会(外部サイト)

 

三芳町観光フェイスブック

三芳町観光フェイスブック

三芳町観光産業課インスタグラム

三芳町公式ツイッター