メニューをスキップします

ホーム > 新着情報一覧 > 【7月10日】若年性認知症講演会

【7月10日】若年性認知症講演会

認知症は、高齢者だけがなるものではありません。 若くても認知症になることがあり、65歳未満の人が発症する認知症を 「若年性認知症」と言います。
認知症になると「何もわからない」「何もできなくなる」と思われがちですが、 認知症になっても、自分で決めて自分の人生を生きることはとても大切なことです。

若年性認知症の当事者とその支援者による講演会を開催します。
若年性認知症になっても「自分らしく生きる」ために必要なことは何か、認知症の人が住みやすい町とは何かを考える機会として、多くの人のご参加をお待ちしています。

日時 令和元年7月10日(水)
13時30分~15時30分(13時開場)
内容

講演会
「認知症にフレンドリーなまちとは
~社会参加することで変わったこと~」
講師:前田隆行氏(DAYS BLG!代表・NPO町田市つながりの会理事長)、DAYS BLG!メンバー

三芳町の実践報告
「けやきの家の取り組み」
報告者:内城一人氏(認知症対応型デイサービスセンターけやきの家所長)

場所 藤久保公民館ホール
定員 100名(申込先着順)
申込方法 窓口、電話、FAXで申込
三芳町役場健康増進課地域包括支援センター
電話:049-258-0019(内線188、189)
FAX:049-274-1051
※FAXでお申し込みの場合は「7月10日講演会希望」、「氏名」、「FAX番号」を必ずご記入ください。
その他 手話通訳・磁気ループ席をご用意しています。
駐車場には限りがあります。公共交通機関でのご来場をお願いします。

 参考資料
「本人にとってのよりよい暮らしガイド」一足先に認知症になった私たちからあなたへ(発行:地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター)PDFファイル(7385KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ

健康増進課 地域包括支援センター
電話:049-258-0019(内線188・189) / FAX:049-274-1051
メールアドレス:kenko@town.saitama-miyoshi.lg.jp

くらしのカレンダー

よくある質問

 

観光情報ページ

子育て支援のページ

 

SNS公式アカウント