メニューをスキップします

ホーム > 健康・福祉・子育て > 診療・医療機関・制度のご案内 > 早期不妊検査費・不育症検査費助成事業

早期不妊検査費・不育症検査費助成事業

三芳町では、早期に不妊検査・不育症検査を受けたご夫婦(妻の年齢が43歳未満)に、費用の一部をご夫婦1組につきそれぞれ1回限り、上限2万円を助成します。

 

対象者

※不育症の検査を受けた人については、不育症(2回以上の流産、死産または早期新生児死亡の既往がある)の人又は医師が不育症と判断した人に限ります。

  • 申請時に法律上の婚姻をしているご夫婦であって、夫婦の双方または一方が、三芳町に住所を有すること。
  • 不妊・不育症検査開始時の妻の年齢が43歳未満である夫婦。
  • 町税を滞納していない人。



助成対象となる不妊検査及び不育症検査

  • 夫婦がともに受けた不妊検査で、検査開始日がいずれか早い方の日から終了期間が1年以内のもの。
  • この不妊検査は、指定医療機関の医師の判断に基づき、指定医療機関と連携する泌尿器科が行うものを含む。
  • 助成の対象となる不育症検査は、夫婦がともに受けた不育症検査で検査開始日のどちらか早い方の日から1年以内のものまたは妻のみが受けた不育症検査で検査開始日から1年以内のもの。
  • 特定不妊治療による助成金等の他の助成金を受けていない不妊検査及び不育症検査に係る経費。


指定医療機関及び助成対象医療機関は、埼玉県のホームページで確認できます。
指定医療機関(外部リンク:埼玉県ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます
助成対象医療機関(外部リンク:埼玉県ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます
「ウェルカムベイビープロジェクト(こうのとり健診・不育症検査・早期不妊治療)関連事業」のこうのとり健診推進事業(早期不妊検査助成事業)※2助成対象医療機関をご確認ください。



助成額及び助成回数

助成金の額は、助成対象となる不妊検査または不育症検査にかかる費用のうち助成の対象者の自己負担金額とし、上限2万円(千円未満は切り捨て)とします。
助成回数は、ご夫婦1組につきそれぞれ1回までです。



申請に必要な書類

  1. 早期不妊検査・不育症検査費助成事業申請書(様式第1号)PDFファイル(120KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
  2. 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類
  3. 住所を確認できる書類
  4. 以下の医療機関が発行する領収書原本
    指定医療機関
    指定医療機関と連携する泌尿器科を標榜する医療機関
    助成対象医療機関
  5. ​金融機関の口座名義・口座番号がわかるものの写し


申請期限

原則として検査期間の終期の属する年度内



助成の決定

審査の結果、助成を決定したときは、早期不妊検査費・不育症検査費助成事業承認決定通知書を郵送し、指定された口座に助成金を振り込みます。
審査の結果、助成をしないことを決定したときは、早期不妊検査費・不育症検査費助成事業不承認決定通知書を郵送します。

お問い合わせ

健康増進課・健康支援担当
電話:049-258-0019(内線:270~273) / FAX:049-274-1051
メールアドレス:hoken@town.saitama-miyoshi.lg.jp