メニューをスキップします

ホーム > 新着情報一覧 > 『竹間沢こぶしの里でほたるを見よう』開催

『竹間沢こぶしの里でほたるを見よう』開催

 今年も毎年恒例「竹間沢こぶしの里」にほたるが飛び交う季節となりました。
 かつては、三芳町でも竹間沢こぶしの里近辺にたくさんのほたるが飛んでいましたが、環境の変化によって少なくなってしまいました。そこで、かつて見られたほたるの光景を今の子どもたちにも見せてあげたい、という想いから平成14年に地域の方々が「竹間沢ほたる育成会」を結成し、こぶしの里の清掃を行うとともに、カワニナやゲンジボタルの幼虫の育成、地元小学校との幼虫放流など、ほたるの保護・育成活動に地域ぐるみで取り組んでいます。
 多いときには50匹を超えるほたるが飛び交う光景はまさに幻想的。地域のみなさんが守り続ける三芳の初夏の風物詩を、どうぞお楽しみください。
 

 なお、例年竹間沢こぶしの里ではゲンジボタルが多く飛び交いますが、今年はヘイケボタルが主体となっています。ヘイケボタルはゲンジボタルよりも遅い時期に飛ぶので、今年は竹間沢こぶしの里でたくさんのほたるを見ることができるピークの時期が、例年(5月末)よりも遅くなることが予想されます。
 最新の情報は、三芳町公式twitterこのリンクは別ウィンドウで開きます観光産業課facebookこのリンクは別ウィンドウで開きますにてお知らせいたしますので、こちらもご覧ください。

イベント名 『竹間沢こぶしの里でほたるを見よう』
期間 5月下旬~6月中旬(気候条件等によって前後する可能性があります)
場所 竹間沢こぶしの里(下記地図参照)
駐車場 三芳町立歴史民俗資料館ほか、臨時駐車場あり(案内看板に従って駐車してください)
鑑賞上の注意 ・ほたるは光や音に敏感です。カメラや携帯電話のフラッシュ、懐中電灯・ランタン等の使用はご遠慮ください。
・ほたるが最も飛び交うのは、蒸し暑い夜の20時~21時頃です。雨や気温が低いなど条件が悪いと飛び交いません。
協賛事業 三芳町立歴史民俗資料館では5月28日(日)~6月9日(金)までの間、夜21時まで夜間特別開館を実施します。ほたるに関するミニ展示も開催していますので、是非あわせてお立ち寄りください。
最新情報 三芳町公式twitterや観光産業課facebookにてお知らせします。

「竹間沢こぶしの里でほたるを見よう」チラシ表

「竹間沢こぶしの里でほたるを見よう」チラシ裏

お問い合わせ

観光産業課/商工観光担当
電話:049-258-0019(内線:214・215) / FAX:049-274-1013
メールアドレス:kanko@town.saitama-miyoshi.lg.jp

くらしのカレンダー

よくある質問

 

観光情報ページ

子育て支援のページ

 

SNS公式アカウント