メニューをスキップします

ホーム > くらし・手続き > 税金 > 銀行振込などによる公売保証金の納付手続

銀行振込などによる公売保証金の納付手続

 手続に入る前にヤフオク!ガイドライン、三芳町インターネット公売ガイドラインなどを必ずお読みください。

銀行振込などによる公売保証金の納付手続の流れ

1.公売参加申込み

 入札を行う方のYahoo!JAPAN IDでログインし、三芳町インターネット公売の物件詳細画面より公売参加申込みを行います。参加者情報を入力し、公売保証金の納付方法で『銀行振込など』を選択してください。

※共同入札する場合は、代表者のYahoo!JAPAN IDを使用し、『共同入札する』を選択してください。

2.「公売保証金納付書兼公売保証金返還請求書兼口座振替依頼書」の提出

 三芳町のホームページより「公売保証金納付書兼公売保証金返還請求書兼口座振替依頼書」を印刷し、必要事項を記入、捺印の上、三芳町に提出してください。

書類の提出先

 〒354-8555
 埼玉県入間郡三芳町大字藤久保1100番地1
 三芳町 税務課 収税担当 宛

※提出方法は、書留郵便(郵送料は買受人の方の負担となります)か、直接持参してください。
※「公売保証金納付書兼公売保証金返還請求書兼口座振替依頼書」は、1売却区分について1枚必要となります。
※記入された氏名、住所、電話番号、Yahoo!JAPAN ID、メールアドレス、口座振替依頼先口座情報は、入札終了後の買受代金の納付又は公売保証金の返還手続きの完了まで変更できませんのでご注意ください。
※代理人が公売参加の手続きをする場合は、代理人の住所を記載し、氏名欄には委任者の氏名と代理人の氏名を併記し、代理人名で公売保証金を納付してください。(振込先金融機関は代理人名義の口座を指定してください。)

3.公売保証金納付先のご連絡

 三芳町は、「公売保証金納付書兼公売保証金返還請求書兼口座振替依頼書」を受領した後、記載されているメールアドレス宛に振込口座などをご案内するメールを送信します。

4.公売保証金の納付

 メールの案内にしたがって、以下のいずれかの方法により公売保証金を納付してください。

 ア.銀行振込

  ※公売保証金を振り込んだ日から三芳町が納付を確認するまで3開庁日程度要する場合があります。
  ※振込手数料は申込者の負担となります。

 イ.現金書留

  ※公売保証金が50万円以下の場合に限ります。
  ※郵送料は申込者の負担となります。

 ウ.郵便為替による納付

  ※郵便為替証書は、発行日から起算して175日を経過していないものに限ります。

 エ.現金または小切手の直接持参による納付

  ※受付は三芳町役場1階の税務課で行います。
  ※受付時間は、平日の午前8時30分から午後5時15分までです。
  ※小切手は、東京または横浜手形交換所管内の銀行が振出したもので、振出日から起算して8日を経過していないものに限ります。

5.参加申込み完了

 三芳町が公売保証金の納付を確認した後、参加申込みが完了します。

6.公売保証金の充当及び返還

 ア.公売保証金の充当

 最高価申込者となった場合、お預かりした公売保証金は返還せず、買受代金の一部に充当します。残代金の納付がなく、買受人とならなかった場合も、お預かりした公売保証金は返還しません。

 イ.公売保証金の返還

 公売保証金の返還は、「公売保証金納付書兼公売保証金返還請求書兼口座振替依頼書」に記載された入札者名義の口座へ三芳町から振込むことにより行います。

 ※落札者(最高価申込者)及び次順位買受申込者以外の方が納付した公売保証金は、入札期間終了後に返還します。    
 ※次順位買受申込者が納付した公売保証金は、落札者(最高価申込者)が代金を納付した場合などに返還します。
 ※公売保証金の返還には、入札期間終了日から4週間程度を要する場合があります。
 ※公売保証金を納付した後に公売が中止になった場合は、公売保証金は返還します。
 ※公売保証金を納付した後に入札をしなかった場合でも、公売保証金の返還は入札期間終了後になります。
 ※国税徴収法第108条第1項の規定に該当し同条第2項の処分を受けた公売参加者の公売保証金は返還しません。

お問い合わせ

税務課/収税担当
電話:049-258-0019(内線:122~125) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp