メニューをスキップします

ホーム > くらし・手続き > 税金 > 医療費控除に係る添付書類の変更

医療費控除に係る添付書類の変更

医療費控除に係る添付書類が変更されます。

従来、医療費控除を受けるためには、医療費または医薬品の領収書を申告書に添付または申告の際に提示することが必要でしたが、平成29年分の確定申告(平成30年度住民税の申告)から、「医療費控除の明細書」PDFファイル(205KB)このリンクは別ウィンドウで開きますに領収書の内容を記入することで領収書の提出や提示が不要になりました。
また、医療保険者(国民健康保険・後期高齢者医療保険・各種社会保険等)から交付を受けた医療通知書(医療費のお知らせ)も今回の改正により認められるようになりました。(添付が必要です。)

※医療費控除の明細書」を提出した場合、申告期限から5年間は、該当の領収書の提示または提出を求められる場合がありますので、大切に保管してください。
※医療保険者から送付される「医療費通知書」、「医療費のお知らせ」は、捨てずに保管をしてください。
※経過措置として、平成29年分から平成31年分(平成30年度から平成32年度)までの申告については、現行と同じく医療費の領収書または医薬品購入費の領収書を添付または提示して医療費控除を受けることができます。
※申告の時期に「医療費通知書」、「医療費のお知らせ」を取得することが難しい医療費(年の後半に受診した分など)については、現行と同じく医療費・医薬品の領収書か、明細書を添付または提示してください。

お問い合わせ

税務課/住民税担当
電話:049-258-0019(内線:132~134) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp