メニューをスキップします

ホーム > よくある質問 > 税に関するよくある質問 > 住民税に関するよくある質問

住民税に関するよくある質問

今年度中に三芳町から転出した場合、住民税の納付先は?

住民税は、1月1日現在に住所のある市区町村において前年中の所得に基づき課税される税金ですので、年度の途中で転出されても、その年度分は、すべて三芳町に納めていただくことになります。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

死亡した場合の住民税はどうなるのですか?

住民税は、1月1日現在に住所のある市区町村において前年中の所得に基づき課税される税金ですので、残りの住民税も納めていただきます。また、たとえば4月に亡くなられたとしても、その年度の住民税は課税されます。
実際には、住民税も相続人に引き継がれますので、相続人が手続し納めていただくことになります。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

退職した時の住民税の納付の仕方はどうなるのですか?

残りの住民税(6月分から翌年5月分までが、1年分となります。)を、退職時に一括して会社経由で納めていただくか、あるいは個人払いに切り替えていただくことになります。ただし、1月1日以降に退職した時は、一括して会社より納めていただくことになります。なお、いずれの場合も、会社より三芳町税務課へ届出が必要となります。また、最初から個人払い(普通徴収)の人は、そのまま引き続き、三芳町に納めていただきます。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

昨年退職して現在、無収入ですが、なぜ住民税を納めるのですか?

住民税は前年の1月から12月の所得に対して課税されます。したがって、昨年1月から退職されるまでに一定以上の所得があった人は、退職された翌年度も住民税が課税されます。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

給与天引き(特別徴収)されているのに、個人払い(普通徴収)の納税通知書が届きました。2重に納めるのですか?

給与所得以外に不動産所得や原稿料等他の所得が有る場合、給与以外の分を普通徴収として納めていただく場合があります。通常、複数の所得がある場合所得税の確定申告または住民税の申告をしていただきますが、その際、納税方法について、すべて合算して特別徴収とするか、普通徴収と分けるかを選択することができますので申告してください。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

私の妻が勤めることになりました。住民税はどうなりますか?

妻の年収額によって、夫の住民税の額が高くなる場合があります。妻がパート勤務等、給与収入の場合は年収103万円まででしたら、引き続き配偶者控除の対象となりますので、夫の税額に影響はありません。
ただし、給与収入が965,000円を超えますと妻自身に、住民税が課税されます。
詳しくは、住民税担当までお問い合わせください。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

年金から住民税が天引き(年金特別徴収)されていますが、個人払いに切り替えることはできますか?

地方税法の規定に基づき、納税の方法が決められていますので、本人が支払い方法を選択することはできません。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

公的年金のほかに、不動産所得がありますがその分の住民税も年金から天引きされますか?

公的年金以外の所得分は、年金から天引きされません。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

前年の収入がない場合でも、住民税の申告は必要ですか?

収入がなければ申告の義務はありませんが、町では、課税もしくは、非課税の判定ができません。
したがって、原則、ご家族の被扶養者以外は、収入がない場合も申告をお願いします。
また、国民健康保険税、介護保険料、保育所の入所等に該当となる人は、住民税の申告内容が必要となる場合がありますので、必ず申告してください。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

2か所以上から給与が支給されている場合は?

住民税は支給された給与をすべて合算して課税されます。必ず、それぞれの源泉徴収票(コピー可)を住民税申告書に添付し、給与の合算額を記入のうえ提出してください。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

給与の他に、収入が有る場合は?

必ず、給与以外の収入も申告してください。たとえば、給与のほかに、家賃収入が有る場合は収入額の多少にかかわらず、給与(源泉徴収票添付)と不動産所得を住民税申告に記入し提出してください。なお、所得税の確定申告をした人は、住民税の申告は不要です。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

前年の収入が公的年金だけの場合、申告は必要ですか?

公的年金等支払報告書の提出が有る人は、(通常、町に報告されます)申告の義務はありませんが、医療費控除、地震保険料控除、配偶者控除や寡婦(夫)控除等を受けようとする人は、申告が必要となります。また、公的年金の他に個人年金等を受給している場合も申告してください。
なお、所得税の確定申告をされた人は必要ありません。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

廃車したのに、軽自動車税納税通知書が届きました。なぜですか?

軽自動車は4月1日現在の所有者に課税されます。たとえば4月10日に廃車されたのであれば、その年度の軽自動車税は納めていただくことになります。なお、軽自動車税は、月割課税の制度はありませんので、年度の途中で廃車しても、税金が還付されることはありません。
また、軽乗用車や125cc以上の二輪車等の登録、廃車等手続の際には、併せて税金の廃車申告も必ず行ってください。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp

引越する場合、原付等のナンバープレートはどうするのですか?

125ccまでの2輪車は、原則、転出するまでにナンバーを添えて、三芳町の税務課にて廃車の手続きをしてください。新しいナンバーについては、転出先の市区町村へ申請してください。
また、三芳町で申請できない場合は、必ず、速やかに転出先の市区町村で同様の手続きを行ってください。
その他、軽4輪自家用車や125ccを超える2輪車等については、すべて、転出先にて申請してください。なお、申請場所については、転出先の市区町村の軽自動車税担当へおたずねください。

お問い合わせ先

税務課
電話:049-258-0019(内線122~127・132~138) / FAX:049-274-1050
メールアドレス:zeimu@town.saitama-miyoshi.lg.jp